WordPressだけじゃなかった! Concrete5とは?

WordPress or Concrete5 ?

Concrete5という選択肢

初心者が試行錯誤しながら、ようやくWordPressに入門できたような気持ちになってました。

ある程度完成の目処が立ったので、他サイトのデザインで参考になるものがないか探してみました。
気になるサイトを見つけてはソースを拝見するわけですが、
眺めていると、Generator=”Concrete5…”という表記が目に付きました。

早速調べてみました。分からないことは、まず検索です。

調べた結果、WordPress(以下WP)を使い始めた頃の違和感・・・
その正体が分かってしまいました。

どうしてホームページ作るのにブログ前提なの?

なぜ、Wordで文章を書くように、画像を配置するようにページが作れないの?

WPでホームページを作成しはじめた時に、このような漠然とした疑問がありました。

まさに、Concrete5はこの違和感を払拭してくれる存在だったのです><

何の疑いも無くWPで作り始めましたが、更新の少ないホームページの作成にはConcrete5の方が適しているようです。

そもそも、なぜホームページを作ろうと思った時に、WPを選んだのでしょう?

どうしてもっと早く気付かなかったのでしょう。今更分かったのですが、WPの情報量があまりに多くて他の方法が霞んでいました。ホームページ作るならWP一択!って思い込まされてました。それほど、WPに関する情報は他を圧倒しています。

大きな駅の人混みの中で、行き先が決まっていない人がフラフラと群衆に流されていくようなものです。

WordPressの圧倒的な情報量

ホームページを作ろうと思って検索したとします。

WP関係の情報 > その他の情報(Concrete5含む)

情報量は 10:1

あくまで個人的な感想ですが、検索の際って、結果の上位20くらいまでしか見ないと思います。その中の18~19がWP関係の情報だった感覚です。

「WP選んでおけば間違いない」って感じるレベルです。

次に、サーバーの比較サイトなどでも、WPのインストールのことは必ずと言っていいほど触れられています。WP簡単インストール、簡単設定、簡単お引っ越しなどですね。

一方、Concrete5はというと・・・印象としては1割程度の情報量しかないわけです。

そりゃ初心者なら何の疑いもなくWPを選びますよ、たぶん。

「WPで作る会社ホームページ」のようなサイトも巷にあふれているんですから・・・余程慎重な方か予備知識を持っていた人以外、間違いなくWP一択の世界に引っ張られるはずです。

そういう流れに乗って、流されて、WPで作り始めたんです。

WordPressの利点

深く考えずにWPを選択してホームページを作り始めましたが、WPにしておいてよかったと思う点もあります。

1.圧倒的に多い情報量!

 これは初心者にとって、とても心強い味方です。分からないことがあっても、検索すればすぐに答えが見つかるくらい情報には事欠きません。

2.対応しているサーバーの数が多い

 サーバーを選ぶ際も、ほとんどのサーバーがWPに対応していてインストールも簡単にできます。これも初心者にとってありがたいことです。

3.バージョンアップが簡単

 WP自体のバージョンが上がってもプラグインのバージョンが上がっても、ほぼ自動で勝手にアップデートされています。Concrete5の方は自分でアップデートの作業が必要だったり、バージョン間で修正が必要だったり初心者には少しむずかしい点があるように感じました。(間違えてたらすみません)

つまり、WPの方が初心者に優しい!

Concrete5は固定ページ作成時の、デザインの自由度が高いらしい。トップページと別のページを違うデザインにできたり、コンテンツを自由に配置できたりするようです。

ほとんど更新の必要がないサイトでも、10ページ程度ならどちらでもいい? 逆に小さいサイト内でデザインが変わるほうが統一感がなくなりおかしいかもしれません。

初心者が作る小さなサイトで、ブログも少しやってみたい。こういう方にWPは向いていると思います。
#本当はどっちでも作れるけど、初心者ならWPの方が楽だよ。

今回、Concrete5のことを知って、正直少しだけ心が動きました。サーバー移動して作り直そうかと考えました。しかし、WPの方が初心者に優しい! 使ってみて、実際調べてみたりして、これは間違いないでしょう。というわけで、このままWPを使い続けようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。